読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在開催中のリオデジャネイロ五輪で

現在開催中のリオデジャネイロ五輪で、体操男子団体総合の日本代表が2004年アテネ五輪以来、3大会ぶり7度目の金メダルを獲得した
この結果を受けて、出場した内村航平(27)にAK-69が祝福コメントを寄せた。
内村は試合前に聴く曲にAK-69のシングル曲『Flying B』を挙げていた。AK-69は自身のインスタグラムに《この目から自然と涙が溢れました》と投稿して、金メダル獲得を喜んだ。
AK-69はアスリートにファンが多く、2015年度のプロ野球選手入場曲で使用数が最も多かったアーティストだ。また、ボクシング3階級王者の井岡一翔も入場曲に使用している。http://wemkker.mori8.jp
http://blog.gurun.jp/xcbbdfhgdh/

五輪選手が試合前に聞いている曲といえば、高橋尚子(44)が愛聴して話題となったhitomi(40)の『LOVE 2000』もあった。
「2000年9月のシドニー五輪の女子マラソンで金メダルを獲得した高橋尚子が、練習中やレース前に聞いていたのがhitomiのLOVE 2000でした。特に五輪のスタート直前に、報道陣の前で笑顔で踊っていた際、ヘッドホンで聞いていたのが同曲だったため、改めて注目が集まりました。それまでは、オリコンチャートで7月10日付の5位が最高位でしたが、このことをきっかけに再度ランキングが上昇しています」(芸能ライター)
もちろん今回のリオ五輪の出場選手たちにも勝負の前に聞く曲がある。
「体操男子の白井健三は『SEKAI NO OWARI』の『RPG』、体操女子の寺本明日香は『関ジャニ∞』の『前向きスクリーム』、陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥はファレル・ウィリアムスの『Happy』、競泳男子自由型の萩野公介は『AKB48』、レスリング女子の吉田沙保里は『NEWS』、卓球女子の石川佳純西野カナの『Go For It』を挙げています」(同)

http://wemkker.tsuchiura.net
http://wemkker.i-kashima.com

アイドルグループ「さんみゅ~」と歌手でタレントの早見優が19日

アイドルグループ「さんみゅ~」と歌手でタレントの早見優が19日、都内でライブ「純白歌合戦 #3」を開催した。

同ライブは、1980年代アイドルの継承を掲げて活動してきた「さんみゅ~」の定期ライブを復活させるにあたり隔月で80年代アイドルと共演するという企画で、第1弾のライブではタレントの香坂みゆきと、第2弾のライブではタレントの渡辺美奈代と共演した。

この日「さんみゅ~」は、デビュー前から歌っていた早見の5thシングル「夏色のナンシー」(1983年4月リリース)を、早見とともに歌唱したが、本人とのコラボに西園みすずは「自分たちが歌わせていただくだけでもありがたいと思っていたのに、ご本人と一緒にステージで歌わせてもらえるなんて光栄すぎてありがとうございます」と感慨深げに語り、早見は「うれしいです。フレッシュ感が満載でしたね」と笑顔を見せた。http://wemkker.tsukuba.biz
http://wemkker.i-ibaraki.jp


また、15歳でデビューし、9月2日に50歳の誕生日を迎える早見は、心境を聞かれると「皆さんと年齢は違いますが、舞台に立っちゃうと同じ気持ちで『今日が開店』みたいな感じになるので、今は年齢の差は感じないですけど、楽屋に行ったときに『大丈夫?』とか『元気?』とか急にお母さんになっちゃうかもしれないですね(笑)」と笑い飛ばし、「今日のステージではライバルでいさせていただきたいと思います」と本番に向けて気合を入れた。

またアイドルにちなみ、SMAPが今年いっぱいで解散することを発表したことについてコメントを求められると、早見は「なんか寂しいですよね。…
私はSMAPの曲で大好きな歌がいっぱいあるので…」としみじみと語り、「じゃあ、さんみゅ~のみんなに歌ってもらいましょう」と、デビュー前にサンミュージックの80年代アイドルソングをカバーしてきた「さんみゅ~」に振って笑いを誘った。一方、西園も「解散するってなったときに、それだけ惜しんでくれる方がいるということが、25年間やってこられたすべてなんだろうなと思って、すごく偉大な方たちなんだなって思います」と語り、「子どものころから当たり前にSMAPさんを聞いていたので、不思議な感じがします」と吐露した。

http://i.anisen.tv/wemkker/
http://wemkker.i-mito.com